トラブルは水道工事で解決

トラブルは水道工事で解決 日本の家庭では蛇口をひねると水が出てきますから、普段そのありがたみを意識することなく使い続けているという人もいるでしょう。しかし何かのトラブルがあって水が使えないという状況に陥り日常生活に大きな影響を与えられた際に、日常に欠かせないからこそすぐに修理する必要があります。トラブルを解消するためには、水道 工事を依頼することも視野に入れましょう。

■実はトラブルが多いトイレ

毎日使う水回りの設備の1つにトイレがあります。生活環境に欠かせないトイレがトラブルになると、使用できなくなるため大変困ります。
トイレで水漏れなどのトラブルが起きやすいのは、その構造が複雑であることも1つの要因です。例えば、ウォシュレットだけでも複数の部品が使われています。ウォシュレットは精密機械であるが故に使用年月が長くなるとどうしても劣化します。この劣化が水漏れの原因となることが多いのです。
また、内部の構造的なことだけではなく、トイレの素材自体に問題が発生するところも注意が必要です。トイレは陶器でできているため、乱雑に扱うとひび割れる問題が出てしまいます。この場合、続けて使用するには問題があるため、トイレ自体を交換する必要があります。
このように、実はトイレはトラブルの発生が多く、何かあった時には素早く修理しなければいけません。修理が難しい状況では、交換になる場合もあります。交換することになったとしても、現在トイレの機能は非常に充実しています。節水効果がある、掃除がしやすいといった違いもあるため、交換せざるを得ない状況の際には機能性も確認しましょう。

■トラブルの原因が異なる風呂と給湯器
風呂も大事な設備です。シャワーもありますし、特に日本では毎日浴槽に浸かりたいと考えている人も多いのではないでしょうか。風呂場で発生する水回りのトラブルは、その原因を大きく浴室と給湯器の2つに分けることができます。
浴室が原因となるトラブルは、浴槽や排水からの水漏れ、蛇口やシャワーが壊れているといった問題です。給湯器が原因となるトラブルは、お湯が出ない、温度が上がらないといったことです。これらは修理も含め、対処方法が大きく異なります。
特にトラブルが発生しやすいのは給湯器です。給湯器も永遠に使えるわけではなく、やがて寿命もおとずれる機材です。点検もしながら、適切に使える状態なのか考えなければいけません。

■水の量をコントロールできる蛇口

蛇口は水回りの設備にはほぼ必ずと言ってもいいほどついています。形もいろいろとありますし、最近では家庭用であってもセンサー式の蛇口が使われることも増えました。蛇口がない場合には、水の流れを調整するための弁が取り付けられています。こうした部品があるのは、水道管から水が圧送されてくるためです。水を塞き止め、調整するものが無ければ水が流れっぱなしになるため、適量の水を使用するためにも蛇口が必要となります。
蛇口は水圧を受け止めて調節する存在なだけに、使っているうちに傷みも出ます。寿命の短いものではなく、10年程度は性能を保つことができるものの、それ以上使い続けると脆くなるでしょう。耐用年数に気を付けて、10年以上使い続けている場合には一度状態を確認しなければいけません。

■まとめ
水回りにはいろいろな設備があり、機材が使われています。それぞれがしっかりとした機能を発揮して、初めて利用できます。構造上、どうしてもトラブルも発生するため、修理をして状態を維持しておかなければなりません。
性能維持といっても状況によっては難しく、交換しなければいけないことも出てきます。水道 工事となると費用的もかかるため、日ごろから点検やメンテナンスも考えておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース